加圧シャツには筋トレ効果もダイエット効果もないという情報を、ネット上で見つけることがあるでしょう。それが本当かどうか非常に気になるところです。実際には加圧シャツには以上の2つの効果は確実にあるのですが、一方で実際に加圧シャツを着てその効果を得られなかった、という人もいるのは事実です。しかしその加圧シャツの効果を得られなかった原因の大半は、実は加圧シャツのサイズ選びを間違えていることなのです。それほど加圧シャツのサイズ選びは加圧シャツの効果を得るうえでは重要なポイントです。そこでここでは、加圧シャツの正しいサイズ選びと併せて着方と脱ぎ方について、そのポイントをご紹介していきます。

加圧シャツのサイズ選びはなぜ必要?

ます最初に、加圧シャツのサイズ選びがなぜ大切なのか、という点についての解説です。

加圧シャツの特徴と効果は?

加圧シャツのサイズ選びが重要だということを理解するためには、加圧シャツの特徴となぜ筋トレ効果とダイエット効果をもたらすのかということを知っておく必要があります。それは以下の通りです。

スパンデックスが着圧を生む

今、世の中で販売されている加圧シャツのほとんどは、ナイロンとスパンデックスという繊維を一緒に縫製したものです。このスパンデックスとは非常に伸縮性に優れた繊維で、ほかの繊維にほんのわずかな量でも混合させると、その衣服は身体にフィットして伸縮し、身体に対して着圧を与えます。この着圧を与えることが加圧シャツの効果の源泉です。

着ているだけで筋トレと同様の効果

加圧シャツを着ていると、まるで星飛雄馬の大リーグボール養成ギプスのように、身体に負荷がかかることを感じるでしょう。実際は当然大リーグボール養成ギプスほどの負荷ではありませんが、しかし何も着ていないときよりは、加圧シャツを着ている時の方がちょっとした身体の動きをする場合でも、何か逆方向に引っ張られるような負荷を感じるはずです。これが着圧のもたらしている作用です。

この負荷に逆らいながら加圧シャツを着ていると、それはある意味筋トレでウェイトを持ち上げているのと同じような負荷を筋肉にかけることになります。そして加圧シャツに限らずシャツというものはほぼ1日の半分以上着続けているものですから、加圧シャツの筋トレ的な負荷も半日以上受けることになります。つまり半日間継続して筋トレをしているのと同じことが加圧シャツを着ることによって筋肉の上で起こっているのです。

ですから、加圧シャツを着ることは筋トレと同様、あるいはそれ以上の効果をもたらすわけです。

肥満解消効果も

筋トレをすると筋肉が肥大化します。すると筋肉でのカロリー消費量が増えるため、人間が生きているだけで消費する基礎代謝量も増加します。すると身体の中の消費カロリーが、食べ物による摂取カロリーを上回るため、それを補うために脂肪が燃焼して行って肥満が解消します。つまりこれが筋トレによるダイエット効果です。

加圧シャツはマシンなどを使った筋トレよりも圧倒的に継続した時間で筋肉に負荷をかけ続けるので、筋肉を肥大化させる効果も大きいです。したがって加圧シャツは筋トレよりも非常に効果的で、より大きなダイエット効果をもたらします。

特にほとんどの筋トレは身体の表層筋しか鍛えませんが、加圧シャツは身体の深部にある体幹筋を鍛えます。体幹筋は身体の中の最大の筋肉なので、消費するカロリーも大きく、同時に肥大化した場合の効果も大きいのです。この点でも、加圧シャツを着用したほうが、筋トレを行うよりも大きなダイエット効果が得られるわけです。

また加圧シャツによって上半身に刺激を与えることには、リンパの流れを改善するリンパマッサージ作用もあります。この作用は身体の中に溜まり、「むくみ」の原因になっている老廃物が身体の外に排出される働きもあるので、むくみが除去され、水太りによる肥満が解消されます。また特にむくみの解消は顔において顕著に現れるため、目に見えて顔が小顔化し、それがダイエット効果をより実感させます。

加圧シャツの効果を得るためにはサイズ選びがポイント

上での記述を呼んでいただければイメージが湧くように、加圧シャツの効果を最大限に発揮させるためには、加圧シャツが身体に対して適切な着圧を与えられるようにすることが重要です。したがって、身体に合った加圧シャツのサイズ選びが大切なのです。これを間違えてv、身体に対して余裕のある加圧シャツを購入してしまうと、身体に着圧を与えられないため、加圧シャツの効果をほとんど得られません。冒頭の、加圧シャツを購入したが効果が得られない、と不満を言う人の大半はこの間違いを犯しているのです。

加圧シャツは長袖と半袖どっちがいいの?

加圧シャツの効果を最大限に発揮させるためには、できるだけ身体の多くを服地でおおっているほうが望ましいです。その点で、加圧シャツは半袖よりも長袖の方が効果が実感できます。

しかし現在加圧シャツを販売しているメーカーで用意しているラインナップは半袖がほぼ99%で、長袖まで用意しているメーカーはほとんどありません。

なぜかと言えば、加圧シャツは肌着などのインナーとして着ることが多いので長袖では上に着用する服装が限られてしまうからです。

ですから、冬の長袖の下に着用する加圧シャツであれば長袖を探して購入してもよいですが、年間通して着られる加圧シャツを購入するのであれば半袖の方がよいでしょう。

また効果実感が長袖よりもやや劣るとは言え、半袖でも十分に筋トレ効果やダイエット効果を得ることは可能です。

加圧シャツはSサイズや大きいサイズはある?

加圧シャツで用意されているサイズはMとLがほとんどで、それより小さいサイズ、あるいはXL、3L、4Lなどの大きなサイズはほぼ販売がありません。したがって、残念ながら規格サイズより身体の小さな男性、あるいは大きな男性は加圧シャツの着用を断念するしかないでしょう。

とは言え大きな身体の男性であっても、一般的な加圧シャツのLサイズは身長185cmまでであれば対象の範囲内ですから、そこまでの大きさであれば着用可能です。

【自分にあった最高の加圧シャツ】サイズ選び方のコツ

では実際に加圧シャツのサイズをどのように選んだらよいのでしょうか。それには以下のようなコツがあります。

加圧シャツのサイズの基本的な選び方

その加圧シャツのサイズ選びの基本中の基本は、メーカーが販売サイトなどで提示しているサイズ表をしっかりと確認し、自分の体型がどれに合致するかを判断することです。

多くの加圧シャツはだいたいMとLの2種類のサイズ展開ですが、「自分に合った」という意味は自分の身長と胸囲によって判断します。それはたとえば以下のようなことです。

仮にAという加圧シャツのメーカーが、その加圧シャツのMサイズの基準

身長 162cm~175cm
胸囲 84cm~96cm

Lサイズの基準

身長 172cm~185cm
胸囲 94cm~106cm

で提示していたとします。その時に自分が身長165cm、胸囲85cmであれば、Mを必ず選ぶということがサイズ選びの基本です。

自分自身のサイズをしっかり計測!

そしてサイズ選びの前提として、自分自身のサイズを正しく計測することも重要です。でなければ、せっかく上記に沿ってしっかりサイズ選びをしても、そもそもの基準が間違っていた、ということになってしまいます。

といっても、加圧シャツのサイズ選びで必要なのは身長と胸囲だけですから、身長は健康診断などで計測した正しい数値を使えばOKです。胸囲は健康診断では測りませんから、巻き尺などで自宅で自分で測りましょう。あるいは、百貨店などに行った時に、ついでがあればワイシャツ売り場などで販売員に胸囲を測ってもらい、その数値から衣服の厚みの1~2cmをマイナスすれば、ほぼ正確な脅威の数値を得ることができます。

スパンデックスの配合量をチェック!

加圧シャツの着圧を支えているのは、最初の方にも書いたようにスパンデックスという伸縮性の高い繊維です。ですからできるだけ加圧シャツの効果を得ようと思った場合は、そのスパンデックスの配合量が高い加圧シャツを選びましょう。一般的な加圧シャツのスパンデックスの配合量は5~10%で、業界最高レベルは現在のところ20%です。

ただし、スパンデックスの配合量が多ければ多いほど、着圧が高まるので、着ていて苦しくなる可能性も否定できません。特に睡眠時に着た場合、睡眠阻害の原因になるかもしれません。ですから、自分にとって日常生活の中で耐えられる着圧を考えてスパンデックスの配合量を選ぶようにしましょう。

もしも金銭的に余裕があるのであれば、日中はスパンデックスの配合量が多い加圧シャツを着用し、寝る時には比較的スパンデックスの配合量が低い加圧シャツを着用する、というように2種類用意するのがベストです。

加圧シャツの厚さをチェック!

加圧シャツは基本的に薄い生地で縫製されています。その方が体にフィット感が生まれ、着圧効果が高まるからです。しかし着圧の圧力を高めるために、他社よりも生地が厚いことを訴求している加圧シャツも時々存在します。生地が厚い方がよいのか薄い方がよいのかという基準はなく、薄ければフィット感が高い代わりに着圧の圧力が低く、生地が薄ければその逆というメリットとデメリットだけです。

ですから加圧シャツを選ぶ際に、生地の厚みで複数商品を比較できるようであれば、そのメリットとデメリットの何を自分で最優先するのかによって判断しましょう。

少しだけ小さめを購入する!

ただし、先ほどの基準をよく見ていただくとわかるように、MとLは身長で172cm~175cmが重複しています。胸囲は、94cm~96cmが重複しています。この時に仮に身長174cm、胸囲95cmの人がいたら、自分はどちらのサイズにしたらよいのか迷うでしょう。

その場合は小さめのMを選ぶのがベストです。

小さすぎるサイズの加圧シャツを選ばない

しかし中には、小さいサイズの加圧シャツを着用すれば、着圧がより強くなるので、筋トレ効果もダイエット効果も高まるだろうと考えて、明らかにLの体型なのに、Mを購入する人がいます。しかしそれは全くおすすめできません。なぜなら小さすぎるサイズの加圧シャツを着用すると、身体に必要以上の着圧がかかるため、血管が圧迫され、血行障害的な症状が身体に発生する可能性があるからです。それはすぐに病気になるほどの障害ではありませんが、しかし小さすぎるサイズの加圧シャツを着続けると、気持ち悪くなったり、めまいがしたりする可能性は否定できません。

そして何より小さすぎるサイズの加圧シャツを着用すると、縫い目が裂ける可能性があります。縫い目の裂けた加圧シャツでは着圧効果が生まれませんから、その加圧シャツは期待される効果を全く発揮できません。これはせっかく購入した加圧シャツの代金を無駄にする、ということになります。それはあまりにもったいないですし、意味のないことです。

ですから加圧シャツを購入する時には大きなサイズを選ぶことも、小さすぎるサイズを選ぶことも慎重に避けて、身体にしっかりと適切に合った加圧シャツを選択しましょう。

やってはいけない加圧シャツ選びワースト3

サイズ選びに限らず、してしまいがちな加圧シャツの選び方があります。その3大ワーストの選び方を紹介します。

フリーサイズはNG!

フリーサイズの加圧シャツが時々見かけられますが、このような商品は選ばないようにしましょう。なぜならフリーサイズの加圧シャツは誰にでも合うように大きめに作られています。ですから通常の体型の男性が着用した場合、基本的には身体に余裕ができてしまいます。それは着圧を生みませんから、加圧シャツの本来の効果を発揮させることはできません。

したがって加圧シャツを選び際にはサイズ別に発売しているメーカーから選択しましょう。

女性が男性用の加圧シャツを選ぶのはNG!

加圧シャツの持っている筋トレ効果とダイエット効果は、女性の身体であっても同様に発揮できます。特に女性であれば加圧シャツのダイエット効果に注目するでしょう。

しかしだからと言って女性が男性用として販売されている加圧シャツを着用することはお勧めできません。もちろん、サイズが合っていれば基本的には着用でき、着圧の効果も生まれます。また最近では、男性用の衣服を着用することを躊躇しない女性も増えています。ですが、男性用の加圧シャツは女性独特の体型に合っていません。

その1番の例がバストです。男性用の加圧シャツは胸も含めてしっかりと着圧をかけるようになっていますから、それを女性が着てしまうと、バストが圧迫されてその形が崩れてしまうことにつながりかねません。ましてや加圧シャツの効果を発揮させるにはできるだけ長い時間着用したほうがよいので、そうなればかなりの確率でバストの形に悪影響が出てしまいます。

またそのほかにも、加圧シャツは身長と胸囲だけで選択しますが、それはその2つの数値だけで身体のほかの部分、すなわち肩幅や腹囲が統計的に決定できるからです。しかし男性の標準的な体型と女性のの標準的な体型は違いますから、仮に女性が男性用の加圧シャツを身長と胸囲を合わせて購入した場合でも、肩幅などが余ってしまう可能性が高いのです。そうなると十分に着圧の効果は生まれません。

ですから、女性が男性用の加圧シャツを着用することはおすすめできないのです。ただし、女性からの要望やニーズを受けて、最近はいくつかの加圧シャツメーカーが女性用の加圧シャツを発売していますから、それを購入すれば体型に合った加圧シャツを手に入れ、着圧効果を実感することができるでしょう。

1枚だけの購入は効果が出にくいからNG!

加圧シャツの筋トレ効果、ダイエット効果を最大限に発揮させるには。可能な限り24時間着用することがベストです。

しかし一方で、加圧シャツを着用すると代謝が上がり、また筋トレ効果があるので、通常よりも汗を多くかきます。それをそのままにして着用し続けると、加圧シャツにしみ込んだ汗の中の雑菌が繁殖して汗臭を発散するようになり、周囲から嫌われる可能性が生じてしまいます。また湿った加圧シャツを着用し続けると、あせもやかぶれの原因にもなります。

ですから、加圧シャツを24時間着用するためには、替えの加圧シャツを用意して、できれば毎日取り換えた方がよいのです。

もちろん1枚だけ購入して、それを毎日洗えば対応も可能ですが、洗濯後の乾く時間などを考えると現実的ではありません。

ですから本気で加圧シャツの着圧効果を得ようと思えば、複数枚用意して、それをローテーションで毎日交換しながら24時間、着続けることがベストなのです。

加圧シャツの正しい着方とは?

では加圧シャツの正しいサイズが選べたとして、その加圧シャツを正しく着るにはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

着方

まず着方からご紹介します。

着る順番は腕から

正しく着るためには以下の順番で行いましょう。

  1. 両腕を通す
  2. 頭を通す
  3. 胸部分にめくれあがっているシャツをくるくると下げる

これを頭から最初に入れると、腕が通らず、うまく着られなくなります。

身体に密着させて着る

2つめは身体に密着させ、「よれている」部分や、「めくれている」部分がないように着ることです。

加圧シャツの効果の源泉は着圧ですから、「よれて」いては圧が正しくかからないので、効果が生まれません。ですから正しく着て、ピッタリと身体に密着させましょう。

裾をズボンの中に入れる

加圧シャツを身体にに密着させるポイントは裾です。裾をズボンに入れて固定すると、めくれず、動いてもよれることがなくなりますので、着圧が維持できます。ですから裾はズボンまたはパンツの中に入れましょう。

着用法と同時に大切なのが加圧シャツの使い方

また具体的な着用方法だけではなく、加圧シャツを着るうえでの使い方のポイントもあります。それは以下の通りです。

3ヶ月は着用する

加圧シャツは3ヶ月は着用しましょう。これはどのようなサプリメントでも同じですが、身体の細胞がすべて入れ替わるためには、3ヶ月の期間が必要です。ですから、身体の変化にも3ヶ月かかるのです。サプリメントを購入すると最低3ヶ月は飲んでくださいと言われるのはそのためです。加圧シャツも同様です。加圧シャツの筋トレ効果とダイエット効果が目に見えて現れるのは、着用し始めて3ヶ月以降なのです。ですから、その3ヶ月間は最低でも着用し続けるようにしましょう。

可能なら24時間着用し続ける

加圧シャツは長く着れば着るほど、筋トレ効果が得られます。筋トレ効果が得られれば、ダイエット効果も実感できます。したがって、加圧シャツは1日のうちのできるだけ長い時間、着用しましょう。可能であれば24時間着用することがベストですが、実際は風呂に入るなど全裸になる場合があるので、それを除いた時間、着用し続けるのが理想であり、最も加圧シャツの効果を高めるためのポイントです。ですから、出勤時にはワイシャツのインナーとして、自宅でくつろぐときにも部屋着としして着用することがベストです。

食事の時は必ず着る

特に食事の時には必ず加圧シャツを着用しましょう。加圧シャツの着圧は外から胃を小さくするので、食事量が減り、それによってもダイエット効果が得られます。

寝る時にも着用する

24時間着用するということは寝る時にもパジャマ代わりに着用する、ということです。これは日中に加圧シャツを着用する以上におすすめです。というのは人間の成長ホルモンは、寝ている時に1日の分泌量の70%を分泌するからです。成長ホルモンが多く分泌されるタイミングに合わせて、加圧シャツを着用し、自然に筋トレをしていれば、その分筋肉の肥大が効率的に発生します。それは筋トレ効果もダイエット効果も高めます。

ただし、最初のうちには寝ている時に加圧シャツを着ると、寝苦しくなって、睡眠自体に悪影響があるかもしれません。そのような場合は無理をせずに寝る時は加圧シャツを脱ぎ、起きている時だけ着用して、その着圧に身体が慣れるようにしましょう。そして身体が着圧に慣れてきた段階で、就寝時にも加圧シャツを着用することに再チャレンジしてください。

加圧シャツを2枚重ねで着る時の着方は?

加圧シャツは2枚重ねて着ることも可能です。

加圧シャツを2枚重ねできる方法も

加圧シャツは2枚重ねて着ることによって、より着圧を増加させ、加圧シャツの筋トレ効果、ダイエット効果を高めることが可能です。さらに、加圧シャツを2枚着ると身体が温まるので、代謝も活発になり、よりダイエット効果が増します。

2枚重ねの方法は簡単で、単に今着ている加圧シャツの上にもう1枚着るだけです。ただし、2枚目を着用する時には服地のすべりが悪くなりますので、加圧シャツがよれてしまったり、無理に伸ばして破損させてしまわないように注意しましょ。

着方の基本は、1枚目と同様の手順で行いながら、より慎重を期すのがベストです。

2枚重ねにはデメリットも

ただし、2枚重ねで着圧を高くしすぎてしまうと、日常の身体の動きが束縛され、自由に動けなるかもしれません。そうなると返って加圧シャツの効果は低くなります。

ですから1度2枚重ねの着方にトライするのはよいですが、日常生活の支障が出るほどの着圧を感じるようであればやめておきましょう。

加圧シャツは脱ぎ方にも注目!

着方だけではなく、脱ぎ方も大切です。なぜなら、間違った脱ぎ方をすると、脱いでいる最中にせっかくの加圧シャツを破損してしまう恐れがあるからです。

正しい脱ぎ方は以下の通りです。

  1. 首元を広げ、肩が見えるところまで下ろす
  2. お腹の位置まで徐々に滑らせていく
  3. ズボンを脱ぐように下から脱ぐ

通常のシャツでこのようなことをしたら確実に伸びてダメになってしまいますが、加圧シャツの伸縮性があればこのような脱ぎ方をしても品質に影響はありません。むしろこの方法が最も加圧シャツの破損の可能性が低い脱ぎ方なのです。

まとめ

いかがですか。

加圧シャツの効果を最大限に発揮させるポイントである、自分に合ったサイズを選ぶこととその方法については十分に理解できたでしょうか。ここを間違えると、せっかく購入した加圧シャツが無駄になってしまいますから、必ず以上のポイントを確認して、加圧シャツ選択の際には実行しましょう。そうすれば、加圧シャツの筋トレ効果とダイエット効果が実感でき、自分の理想とするボディラインを獲得することにつながるでしょう。

おすすめの記事