時々加圧シャツを着てもムキムキにもならず、ダイエット効果もないという人がいます。しかし着用方法を聞くと、間違っていることがほとんどなのです。そこでここでは加圧シャツの効果を実感するためのチェックポイントを挙げていきますので着用する場合にはそれをしっかり実践してください。

こんな加圧シャツ商品に気を付けて!効果がでにくい加圧シャツの特徴

まずそもそも「効果の出にくい加圧シャツ」というものはあります。その原因は以下のように、商品側の問題という場合と、選択方法が間違いという場合が考えられます。

サイズが他の加圧シャツに比べて大きめ

まず加圧シャツの効果を実感するには、自分の体型にフィットしたサイズのものを選択しなければなりません。そうしないと、加圧シャツの最大の効果の源泉である、「着圧」を感じないのです。

ですから加圧シャツの効果を実感できていない場合は、本来着るべきサイズよりも大きめいサイズの加圧シャツを選択していることがほとんどです。そうなると、当然着圧力は弱くなりますから、加圧シャツの効果は発揮されないのです。

また商品側の問題として、本来Mでサイズ表記をすべきものを、Sサイズで表記している場合もあります。その場合も、実際にはSを購入しなければならないところを、Mを購入してしまいます。すると、当然本来のものより大きなサイズを着てしまいますから、着圧が弱くなり、効果を実感できません。

スパンデックスが使用されていない

加圧シャツをのしっかりした着圧は、スパンデックスという繊維がもたらします。スパンデックスは非常にの伸縮性優れた繊維なので、これを通常のナイロンに混ぜて縫製することで十分な着圧効果が生まれるのです。

しかし加圧シャツを名乗るうえでスパンデックスを使用することは法律で義務付けられているわけではありませんから、メーカーによってはほかの素材で伸縮性を出している場合があります。そうなると強い伸縮性は生まれませんので、加圧シャツに期待されるような効果は実感できません。

また「加圧」をうたっているシャツには、「コンプレッションシャツ」というものもあります。これは加圧によって、筋トレ時やスポーツ時の疲労を軽減させることを目的にしています。したがって、それを筋肉肥大の目的や、ダイエット効果の目的で選んでも、実感はできないでしょう。

着心地が悪い

加圧シャツには即効性はありません。それは筋トレと同じで、ある程度の期間着用し続けて初めて効果を実感できるものです。

ですから逆に言えば、長期間着用できないような着心地の悪い加圧シャツは、効果をもたらしようがありません。

したがって加圧シャツの使用している繊維や機能によって着心地は変わりますから、購入する前は公式サイトなどをしっかり確認しましょう。

 

高すぎる

加圧シャツも工業製品ですから、当然製品寿命があります。長く着ていればいずれは糸が伸び、加圧効果が薄れてしまいます。その場合は、当然買い替えが必要になります。

しかし値段が高すぎると、加圧シャツ購入自体が経済的に苦しくなり、結局効果を実感できる前に購入し続けることをあきらめてしまうことになります。

ですからいくら効果が確実でも、経済的に1枚買うのがやっと、というような加圧シャツは最終的に効果が実感できません。

とは言え、値段が安すぎるものは、品質が低い場合が多いので、それにも注意しましょう。大切なのは品質と値段のバランスが良い加圧シャツを選択することです。

加圧シャツは効果なし!と感じたら着方をチェック

また正しい加圧シャツを選択、購入していても、着方が悪いと効果を実感できません。したがって、着用方法について以下の注意点を確認しましょう。

加圧シャツの正しい着方

まず加圧シャツの効果がしっかりと発揮される正しい着方をしましょう。

着る順番は腕から

着る順番は

  1. 最初に両腕を通す
  2. 頭を入れる
  3. 胸のあたりに丸まっているシャツをくるくると下げる

を守りましょう。頭から着てしまうと、腕が通らなくなってしまいます。

身体に密着させて着る

また加圧シャツが身体に密着しておらず、いわゆる「よれた」状態になっていると、正しい加圧効果は生み出されません。したがって、着た後によれていないかどうか、あるいは、着ている最中でもトイレなどに行くたびによれていないかを確認することも大切です。

ズボンの中に裾を入れる

Tシャツなどを着る場合、人によって、裾をズボンの中に入れたり、外に出したりするでしょう。しかし加圧シャツの場合は、裾をズボンの中に入れて、ズボンで裾を押さえ、密着感を維持させることが、効果実感のポイントです。

そうしないと、加圧シャツはお腹の部分がめくれあがって、効果がなくなります。

できるだけ長時間着る

加圧シャツは長時間着なければ効果がありません。よく効果がないと言っている人は、着ている時間が非常に短いことが多いのです。具体的には以下の場面でも着るようにしましょう。

食事の際には必ず着用しましょう。加圧効果によって胃が押さえつけられ、食べる量そのものが減ることが期待できます。それはダイエット効果を促進してくれるでしょう。

また寝る時にもパジャマの代わりに着用しましょう。寝ている時に人間は代謝が上がります。その時に着圧がかかっていることで、より代謝が促進され、ダイエット効果が生まれるのです。

最初は短い時間の着用にする

とは言え加圧シャツの着圧はかなりきついですから、初めて来た人が寝る間も含めて長時間着続けることは肉体的に大変な可能性があります。その時に無理に着続けると、体調が悪化する危険性もあります。ですから、加圧シャツを初めて着る場合は、短時間から始め、だんだんと着る時間を伸ばしていきましょう。

1日中着るようにするのは、着始めてから1週間後程度が適切です。

破れないような脱ぎ方も大切

また着方だけではなく、脱ぎ方も大切です。なぜなら、間違った脱ぎ方をすると、脱いでいる最中にせっかくの加圧シャツを破損してしまう恐れがあるからです。

正しい脱ぎ方は以下の通りです。

  1. 首元を広げ、肩が見えるところまで下ろす
  2. お腹の位置まで徐々に滑らせていく
  3. ズボンを脱ぐように下から脱ぐ

通常のシャツでこのようなことをしたら確実に伸びてダメになってしまいますが、加圧シャツの伸縮性があればこのような脱ぎ方をしても品質に影響はありません。むしろこの方法が最も加圧シャツの破損の可能性が低い脱ぎ方なのです。

加圧シャツはどのくらいの期間着ていれば効果がでる?

加圧シャツは長期間着る必要があると書きましたが、ではどの程度の期間着用すれば効果が実感できるのでしょうか。

筋トレであれば1か月目から効果が出る

加圧シャツで効果を得ることは、筋トレで効果を得ることと基本的には同じです。ですから効果が出るまで時間がかかりますし、効果の実感でき始めるタイミングも筋トレとほぼ同じです。

筋トレの場合、効果が実感できるのは、遺伝による元々の体質や体格などによって個人差がありますが、一般的には1ヶ月程度続けた段階あたりからです。遅い人でも、3ヶ月目には筋肉の肥大化の兆候を感じるでしょう。

最初の効果実感は1か月目から

したがって、加圧シャツの効果実感も、早い人なら着用開始後1ヶ月くらいから現れてきます。ただし、それは注意していなければ気づかないような、たとえば体重が1kg減ったという程度の変化です。また、逆にいえば、効果実感までは最短でも1ヶ月かかるので、その期間は頑張って着てください。

ただし、その期間を短縮させる方法はあります。それは加圧シャツを着ながら本格的な筋トレをして筋肉により負荷をかけることや、加圧シャツを着てジョギングなどの有酸素運動をすることです。

3ヶ月で明確な変化が

その実感を得ながら、更に着用し続けると、3ヶ月あたりから、かなり満足できる効果が生まれてきます。

たとえば体重であれば、1ヶ月目で1kg痩せたものが、3ヶ月目では5kg痩せている、と言いうようなことです。あるいはポッコリしたお腹が凹んできて腹筋に線が入るようになるかもしれません。

ですから加圧シャツの効果をしっかり得るには、まずは3ヶ月程度着続ける事を目指しましょう。

【口コミ】加圧シャツの効果

また実際に加圧シャツを着て効果実感を得ている口コミも以下のようにたくさんネット上には存在します。

【口コミ】加圧シャツの良い効果

「興味があったのでドンキで加圧シャツを買って着たまま一晩寝たら、朝上半身がクソ痛いです」(生存確認さん)

「何となく加圧シャツをネットで買ったんですが、初日からお腹が物理的に加圧されて全然ご飯食べれなくなりました。これはダイエット効果があるに違いないです」(ネロさん)

「作業着買うついでに気になってた加圧シャツってのを買ってみたんすよ。着てみた感想はけっこう苦しいです。着て寝るけど」(△さん)

「2~3ヶ月で20kgくらい加圧シャツで落とした子がいる。やばいw」(千佳さん)

「加圧シャツを金曜日から着て、日曜の夜まで着た。で、ご飯後の体重を計ったら、金曜に66.5kgあった体重が、日曜の夜ご飯前には65.0kgまで落ちていた。2日で500g落ちたってこと?」(富士丸フラグONさん)

「ジムのトレーナーに痩せました?と聞かれた。加圧シャツか!!今年の夏はシックスパック目指すぜ」(遍路じゅんさん)

【口コミ】加圧シャツの悪い効果

「別に加圧シャツの効果は感じないケド」(ダルダルさん)

「加圧シャツ4日目、昨日は夕食後に全身に気だるさを感じ腹は締め付けがきつくぬぎましたら、開放感がエグイ」(夢枕さん)

「筋肉がつく効果はないですね。ただ締め付けるのでケガは少ないと思います」(Yahoo知恵袋)

いかがですか。このように効果実感を得ている人は思った以上に多いのです。悪い口コミも効果がないというよりは「きつくて苦しい」というものか、あるいは「実際に着ていないのに頭で考えて効果がないとと言っている」かのどちらかです。

加圧シャツの効果を実感するためのチェックポイント

いかがでしょうか。加圧シャツの効果を実感できるチェックポイントを挙げましたが、再度まとめると以下の通りです。

  • 身体に密着させて正しく着る
  • 大きなサイズを着ない
  • できるだけ長時間着る
  • 3ヶ月は続けてみる

以上に注意して加圧シャツを着用すればかなりの確率で望んだ効果が実感できるはずです。ぜひ頑張って着てみましょう。